アジアで活躍する国際派女優Ara(コ・アラ)!印象的なブラウンアイは天然?

透き通るような白い肌と澄んだ瞳で人々を魅了する女優、Ara。
現在は日本ではAraという名前ですが、以前は韓国と同様コ・アラという名前で活動していました。

気になる彼女の出演作品や熱愛情報についてまとめていきますので要チェックです。

Ara(コ・アラ)のプロフィール

名前 コ・アラ
(韓国語表記:고아라/漢字表記:高雅羅)
誕生日・年齢 1990年2月11日(29歳)
身長 168cm
血液型 A型
インスタグラム @ara_go_0211
Twitter @floara211
Weibo  
日本公式サイト・ブログ https://ameblo.jp/ara-blog/
家族構成 父、母、弟

日本語が堪能との噂!日本のドラマに出演したこともあるって本当?

Ara(コ・アラ)は日本語を高校生の頃から勉強しているため、非常に堪能です。
2009年には、TOKIOの長瀬智也主演のドラマ『華麗なるスパイ』に出演した経歴もあります。

ドラマのほかにも同じく2009年に公開された日本の映画『昴 -スバル-』にも出演しました。
グローバルに活躍している女優ですね。

Ara出演の人気ドラマが知りたい!

2003年から女優としてデビューし、2009年にはドラマ『地面にヘディング』で東方神起のユノが演じるサッカー選手チャ・ボングンをサポートするヘビン役を熱演しました。

2013年のドラマ『応答せよ1994』は1994年を舞台に、現在と過去を行き来しながら7人の男女の恋や友情を描いた作品です。
コ・アラは7人が過ごしている下宿屋の娘であるナジョンを演じています。

2016年から2017年にかけて放映されたドラマ『花郎』はファランたちの愛と青春を描いたロマンスストーリーですが、ファランとは新羅で10世紀まで続いた軍事的訓練や文化的教育機関としての青年組織制度のことを指します。コ・アラは主人公であるパク・ソジュン演じるソヌの義妹役で登場します。

『花郎』は人気若手俳優やアイドルが多数出演したため、時代劇要素の強い作品ですが韓国で人気となりました。

印象的ブラウンカラーの瞳は天然の色?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#오늘밤#함께해요 ~🙏💕😘💕❤️ #해치#월#화#드라마#SBS#오늘밤10시#본방사수 ~❤️💕😘💕 #ArtistCompany#아티스트컴퍼니#고아라#GoARa ~👍❤️😘💕

ara Goさん(@ara_go_0211)がシェアした投稿 –

コ・アラの目がとても茶色く透き通っているため、ハーフの噂がありますが実際は生粋の韓国人です

カラコンを使用しているのではないか?などともいわれていますが、もともとの瞳が茶色いようです。じっと見ていると吸い込まれそうなほど魅力的ですよね。

確かにアジア離れした容姿なので、ハーフなの?と疑問を抱くのも仕方ないでしょう。

デビューから今までの熱愛の噂は?

『地面にヘディング』で共演し、当時所属していたSM事務所の仲間でもある東方神起のユノとの熱愛報道が出たことがありますが、これについて事務所は強く否定しました。親しい友人関係のようです。

また2014年に『三食ごはん』というバラエティ番組にゲストとして出演した際に2PMのテギョンが彼女を「人形のようだ」「最高だ」などと絶賛したことから熱愛説が浮上しました。

しかしこれも実際には交際に発展していないようですね

2019年現在、特に目立った熱愛報道は出ていません。

韓国、日本以外でも活躍しているAra!中国でも人気って本当?

中国でもドラマ『応答せよ1994』や『君たちは包囲された!』が大人気となり、それに伴ってコ・アラの知名度もアップしました。

また2014年には中国でのグローバル社会貢献プログラムに特別指導者として参加したこともあるんですよ。映画に携わりたい青少年のために、直接中国に向かい自身の経験を話したようです。

もともとはアイドル志望だった?デビューのきっかけは?

コ・アラは2003年にオーディションでグランプリを獲得してデビューしてから2016年までSMエンターテイメントに所属していました。

この事務所にはBoAや東方神起、EXOなどといった日本でも大人気のアイドル達が多数所属しています。
そのため、現在は女優として活躍している彼女ですが、昔は少女時代のメンバーと一緒にダンスや歌のレッスンなども受けていたようですよ。

ちなみに2019年現在はSMエンターテイメントとの契約が満了し、アーティストカンパニーという事務所に移籍しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です